広島県東広島市黒瀬町|補聴器外来のある耳鼻咽喉科(赤ちゃんから診療可能)

  • むぎ耳鼻咽喉科

    • インターネット予約はこちらから

むぎ掲示板

利用規約をお読みいただいた上で掲示板をご利用ください
他院を受診された結果に対するセカンドオピニオンを提供する場ではございません。
よろしくご了承ください。

新掲示板内検索はこちら、旧掲示板過去ログはこちらです。


おなまえ
タイトル
メッセージ
画像認証 (右画像を入力) 投稿キー

問診票ダウンロードについて

初めての方へのページの問診票ダウンロードのTABに問診票をつなげました。初診の方は記入してからご来院いただくとよいかと思いますので、どうぞご活用くださいませ。
むぎ 2019/03/13(Wed) 21:31 No.20 返信する

メンタルヘルスセミナー

今日はスタッフ全員参加のカンファレンスでした。当院ではスタッフの意思疎通と診療内容向上のために、1か月に1回全員参加のカンファレンスを開いていますが、花粉症の時期には通常の診療日に時間がとれないために休診日に開催しています。お休みをつぶしてもいやな顔一つせずに集まって、活発に議論してくれるスタッフに心から感謝です。

今日は、先日私が参加してきたメンタルヘルスセミナーの内容について皆様に伝達しました。大切な人とのコミュニケーションの取り方を学ぶという内容で、大変面白くてためになりました。

講師の先生の講演がユーチューブでご覧になれますので、ご興味がおありの方はぜひご覧になってみてください。ギャグをかましながら大切な内容を上手に伝えられる、素晴らしい先生でした。

https://www.youtube.com/channel/UCUuihBLgcL1v9Raof4r2JbA?reload=9
むぎ 2019/03/07(Thu) 23:10 No.19 返信する

花粉症

ここ黒瀬地区でも先週くらいから大変たくさん花粉が飛び始めました。

前もって初期治療(症状が出る前から薬の服用、点眼を始める)をしていただいている方は比較的楽に過ごせておられるかと思いますが、うっかり症状が出てしまわれた方は早めに受診をお勧めします。

症状がひどくなるほど強い薬を使わないといけなくなります。

今シーズン、究極のステロイド内服薬まで必要とされた方は、シーズン終了後に舌下免疫療法をご検討ください。現在当院では液状の薬剤のシダトレンで舌下免疫療法を実施いたしておりますが、6月からは錠剤のシダキュアが長期処方可能となりますので、これまでの薬剤より管理が簡単になります。

舌下免疫療法に関しましては下記のサイトをご参照くださいませ。

https://www.torii-alg.jp/
むぎ 2019/03/05(Tue) 21:02 No.18 返信する

問診票ダウンロードについて

当院ホームページの初めて受診される方へのページに問診票ダウンロードのタブがありますが、こちらはまだ工事中で、機能いたしておりません。大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、予約システムの中に賞状をお書き込みいただける欄がございますので、あらかじめ症状をお伝えになりたい方はこちらをご利用くださいませ。
むぎ 2019/03/05(Tue) 20:55 No.16 返信する

Re:[14] 毎年二回は必ずなる副鼻腔炎

なみさん、書き込みありがとうございます。また、大変貴重な体験談で、他の患者さんにも参考になるかと思います。

おそらく左側の上顎洞炎で、右に頭を傾けて鼻をかんだ時に、上顎洞の入り口に詰まっていた膿が取れて、溜まっていた膿が出やすくなって治られたのでしょうね。よかったですね。

顔の骨の中には鼻を取り囲むように副鼻腔という空洞があります。ここに炎症が起きて粘膜が腫れたり膿がりしたものを副鼻腔炎と言います。副鼻腔炎の中でも膿が溜まった酷いものがいわゆる蓄膿です。

副鼻腔炎にも細菌性のものやアレルギー性のものなど色々ありますが、細菌性のものでは家庭で鼻を洗浄されるのも有効です。ただ、やり方が悪いと逆効果の場合もありますので注意が必要です。

こちらの耳鼻科さんのご説明は大変行き届いていると思いましたので、引用させていただきます。

http://www.horiclinic.org/shinryo/hananokamikata.html

以上、ご参考になりましたら幸いです。
むぎ 2019/02/14(Thu) 09:17 No.15 返信する

毎年二回は必ずなる副鼻腔炎

私は春と秋や酷い風邪にかかったときに必ず副鼻腔炎になります
今年は一月に早くも副鼻腔炎になり(もう何年も繰り返してるので病院に行く前から分かるようになってます)早く病院に行きたいと思っていたんですがなかなか仕事が忙しく行けませんでした。鼻うがいは毎日していまししていましたが効果がありませんでした。
そうすると今までで一番酷い色の鼻水が出てきてどうしようかと
と思い、又いつものように鼻うがいをして左耳に違和感があったので
右に頭を傾けて鼻をかんだら、たくさんの水と膿が一緒になったものが沢山出てきました。2日位は黄色い水や血が滲んだようなみずが出てきましたが段々と症状が軽くなってきて今では毎日凄く快適で仕事に集中出来るのが嘘みたいになっています。
皆さんはどうか分からないんですが、私は鼻うがいの仕方が間違っていたのかなーと今では感じています。
皆さん副鼻腔炎で苦しんでいそうなので、少しでもアドバイスになればと思い投稿しました。
塩と重曹の割合や器具も興味が有れば聞いて頂ければ言いますので聞いて下さい。
なみ 2019/02/12(Tue) 22:27 No.14 返信する

文字化け

2月8日19時25分に書き込みしてくださった方がおられますが、文字化けしていて内容が確認できません。誠に申し訳ありませんがもう一度ご投稿いただければ幸いです。
むぎ 2019/02/08(Fri) 20:30 No.13 返信する

Re:[10] 花粉症治療

花粉症さん、書き込み有り難うございます。

皮下免疫療法は以前は行っておりましたが、舌下免疫療法が保険適応になってからは取り扱っておりません。舌下免疫療法の方が圧倒的に副作用の危険性が低いからです。現在皮下免疫療法を行っておられる施設はほとんどないのではないでしょうか。

以上、ご参考になりましたら幸いです。
むぎ 2019/02/08(Fri) 20:27 No.11 返信する

花粉症治療

ご質問があります。花粉症の免疫療法で舌下ではなく、皮下免疫療法は取り扱っていないのでしょうか?
あるのであれば皮下免疫療法で通いたいと思っております。
花粉症 2019/02/08(Fri) 10:50 No.10 返信する

- LightBoard -