広島県東広島市黒瀬町|補聴器外来のある耳鼻咽喉科(赤ちゃんから診療可能)

  • むぎ耳鼻咽喉科

    • インターネット予約はこちらからWeb問診

  • 当院の新型コロナウイルス検査について
  • LINE公式アカウント 休診や健康に関する情報をLINEでお届けします 登録はこちら
  • 治療法まるわかり 花粉症専門サイト
  • 小児治療について
  • オンライン診療について
治療法まるわかり 花粉症専門サイト 小児治療について オンライン診療について 当院の新型コロナウイルス検査について
LINE公式アカウント 休診や健康に関する情報をLINEでお届けします 登録はこちら

病気と治療法

突発性難聴について

突発性難聴とは、

①突然に発症する

②原因不明

③音が聞こえにくくなる

という3つの特徴を持つ病気です。

原因は、聴こえの神経への血流障害やウイルスによる障害、ストレスなどが考えられていますが、今の所よくわかっていません。

突然に聴こえが悪くなったり、場合によっては耳がふさがった様な感じになって発症します。また、耳鳴りやめまいが伴うことがあります。

稀に聴神経腫瘍や脳梗塞が原因のことがあるため、治りが悪い場合は、脳の検査が必要になります。

治療について

突発性難聴は治療によって回復が期待できる可能性のある数少ない難聴のひとつです。

発症後約一か月で聴こえは固定してしまう場合が多いので、出来るだけ早く(出来れば発症

1週間以内に)治療を開始することが重要です。

他の耳疾患がなく、聴力検査で異常を認めた場合、 以下の治療をすることとなります。

・薬物治療

・高圧酸素治療

また、心身の安静も重要となります。

重度の難聴やめまい、糖尿病などの合併症がある方や治りが悪い場合には入院をお勧めすることもあります。