広島県東広島市黒瀬町|補聴器外来のある耳鼻咽喉科(赤ちゃんから診療可能)

  • むぎ耳鼻咽喉科

    • インターネット予約はこちらからWeb問診

  • 治療法まるわかり 花粉症専門サイト
  • 小児治療について
  • オンライン診療について
治療法まるわかり 花粉症専門サイト 小児治療について オンライン診療について

病気と治療法

急性中耳炎

急性中耳炎はカゼの炎症の後に発症する中耳の炎症であり、 3歳以下のお子さんの70~80%は一度はかかると言われています。
一般の方に思われているような耳の外から水や菌が入って急性中耳炎になるのはまれなケースです。(よってプールやお風呂の水が耳に入っても心配いりません。)

急性中耳炎の症状

  • ・耳痛
  • ・耳だれ
  • ・難聴
  • ・耳のつまり感

などの耳の症状の他に、発熱や食欲不振、幼少児では不機嫌などの全身症状がみられます。
まれに内耳炎や、髄膜炎(脳膜炎)など重い合併症をおこすことがあります。

子供に中耳炎が多いのは、耳管(耳と鼻をつなぐ管)が太く短く、水平なため、細菌が中耳に波及しやすいためです。

急性中耳炎の治療

安静にしていただき、痛みが激しい場合には痛み止めを使い、消化の良い食事と水分補給をして頂きます。
抗生剤を処方致しますのでそれにより、炎症を食い止め、原因となる菌をたたきます。

痛みがなくなったからと言って治癒したというわけでは無く、特に鼻水が多い場合は治りが遅いため症状が無くなったからと言って治療を中断すると滲出性中耳炎に移行することが珍しくありません。
そのため急性中耳炎と診断された場合は医師の判断があるまで通院を継続するようにしましょう。

鼓膜の切開について
鼓膜の発赤や腫れが著しかったり、激しい耳の痛み、あるいは高熱、頭痛がある場合には、鼓膜に少しだけ穴を開け、中耳より膿を出す場合もあります。
膿を出すと早期に発熱や痛みなどの症状が治まりずいぶんと楽に過ごせるようになります。

鼓膜そのものは再生力が強いので自然と塞がりますが、稀に鼓膜の穴がふさがらなくなることがあるため、鼓膜切開をした後は、必ず穴がふさがったことが確認できるまで通院してください。

監修:耳鼻咽喉科専門医
むぎ耳鼻咽喉科医院 院長 藤原裕美